トップページ
ロータリークラブについて
会員語録
活動報告
週報・卓話
新規会員について
会員企業リンク
 
 
アクセス

新大阪ロータリークラブ

〒532-0011
大阪市淀川区西中島5-5-15
新大阪ワシントンホテルプラザ

TEL. 06-6305-1010
FAX. 06-6301-2525

詳細マップを見る

 
 
 

トップページ > 会員語録 > 2012年度 会長挨拶

会員語録
バックナンバー
会長 片岡 重裕
2012年度 会長  片岡 重裕

今年度のテーマ 楽しみましょう!新大阪ロータリー

今年度、30年ぶり3人目の日本人の国際ロータリー会長が誕生しましたが、その田中作次会長は、テーマを「奉仕を通じて平和を」とされました。平和の概念は、心の平安、家族の幸せ、満足感など様々ですが、それは奉仕を通じて達成できる目標です。また、ロータリーにおいての生き方です。それならば楽しまなければ面白くありません。大いに楽しみましょう!新大阪ロータリークラブ。

今年度、2660地区の方針は、「育もう未来の力を~飛躍~」とし、
◎会員増強についてのお願い
◎東日本大震災支援(災害支援)のお願い
を打ち出してきています。会員増強については、前年度と同様に会員増強小委員会として、会員増強計画を継承し、改良して進めていきたいと思います。また、社会奉仕事業は、継続して東北大震災の復興を支援するためにクラブの中にプロジェクトチームを結成し、中期計画で実施していきたいと考えています。

また、クラブの30周年に向けて、クラブ行事の充実を図っていきたいと思います。具体的には、設立メンバーによるクラブヒストリーの卓話を行うことで、クラブ全体が歴史を理解し、諸先輩の努力と誇りを共有することにより、結束と方向性が確認できます。また、記録することにより、30周年事業の一助になればと思います。
国際奉仕事業は、前年度に事業計画を必要とするFVPを会員の皆さんに広く理解してもらうと共に実施する必要があります。今まで行ってきた活動と、新たに計画を進めることも、早急にまとめることが大切です。

今年度において、当クラブが実行または検討すべき重点事業は、以下の通りです。

1.会員増強小委員会
①会員増強プログラムの実施と継続
②公開卓話の実施とフォローアップ

2.東日本大震災復興支援プロジェクトチーム結成
①各地漁協と協力して具体的な支援の計画と実施
②地元視察とツアーの開催

3.クラブ運営委員会
①クラブ行事の充実
②30周年に向かい、設立メンバーによるクラブヒストリーの卓話(映像とも)
③公開卓話の計画

また、他の委員会も独自の色を出して進めてほしいと思いますが、

4.親睦活動小委員会
①年忘れ家族会企画と実施(ワシントンホテル例会場にて)(11/24)
②東北大震災復興支援ツアー
③B級グルメの会の企画と開催
④レディースサロン

5.会報小委員会
楽しい紙面づくりの実施、会員の会社訪問

6.SAA委員会
①楽しく、リフレッシュできる歌体操の継続
②ロータリーソングの練習

7.広報委員会
①増強につなげるクラブのPR方法
②会員と事務局との連絡手段の確認

8.会員組織委員会
①各委員会の活動をサポート
②各委員会の連携をサポート
③会員のためのクラブ研修を考える

9.職業奉仕委員会
①中学・高校への出前授業
テーマ「平和とは」
②東北大震災と関連付けてツアーの実施

10.情報規定小委員会
① 会員資格等に関するクラブ細則の補足確認と提案
②継続して進められている委員会の内容確認

11.社会奉仕委員会
①盲導犬チャリティバザー、整肢学園夏祭りの実施と、地域にかかわる新たな奉仕活動の模索と実施
②東日本大震災復興支援プロジェクトへの協力

12.環境保全小委員会
身近な環境保全を考察

13.新世代奉仕委員会
出前授業を手段として中学・高校と交流を図り、活動を模索する

14.国際奉仕委員会
①FVPの理解と推進
②ロータリー財団、米山奨学の理解と寄付の推進
③ライフリバーへの理解と活動への助成
④中興ロータリークラブとの交流

ページトップへ戻る