トップページ
ロータリークラブについて
会員語録
活動報告
週報・卓話
新規会員について
会員企業リンク
 
 
アクセス

新大阪ロータリークラブ

〒532-0011
大阪市淀川区西中島5-5-15
新大阪ワシントンホテルプラザ

TEL. 06-6305-1010
FAX. 06-6301-2525

詳細マップを見る

 
 
 

トップページ > 会員語録 > 2010年度 会長挨拶

会員語録
バックナンバー

会長 村木 茂
2010年度 会長  村木 茂

今年度のテーマ  大好きです。新大阪ロータリー

 ここ数年来の当クラブの最大の課題は会員の増強であり、我々は、その実現に向け、努力してまいりました。そして、その結果多くの新入会員を迎えることができました。ここ数年で、合計すると40~50人位入会していただいたのではないでしょうか。でもその多くの方々は、残念ながら退会されておられます。

 我々は、会員の増強には成功したのですが、新入会員の退会防止については失敗したのです。失敗の原因は明白です。我々のクラブに、彼らを引きつける魅力がなかったからです。彼らの目には、我々が行っている例会運営、委員会活動等が魅力あるものには映らなかったのです。我々はこの点を反省し、早急に我々のクラブを魅力あるものにする必要があります。魅力あるクラブづくりなくして増強などあり得ません。そのためには、我々自身が新大阪ロータリークラブに対する心からの親しみと愛情を育み、ロータリアンとしての誇り、充実感を持つ必要があります。それは簡単なことです。我々が入会時に先輩にお教えいただいたことを思い出し、それを実行するだけなのです。

 1つ目は、当然のことながら、会員の例会への出席です。例会は、我々が奉仕について勉強する場であるとともに、新大阪ロータリークラブへの愛情とロータリアンとしての誇りを育てる場であります。例会の欠席は間違いなく、この愛情と誇りを失わせます。皆さん、例会出席率の向上のため、行動をおこしましょう。

 2つ目は、委員会活動の活性化であります。我々は、委員会活動を積極的に行ない、それに参加することにより、はじめてロータリアンとしての充実、喜び、幸せ、そして友情を得ることができるのです。今年度、多くの会員の皆様に委員会活動に参加していただくため、各委員会の委員長、委員の皆様に、できるだけ早い時期での日程の決定、発表をお願いしております。

 親睦委員の皆様には、先輩の方々をも含めた会員全員が参加できるような行事を工夫していただくようお願いしております。

 社会奉仕の皆様には例年行っている大阪整肢学園の夏祭りへの参加、盲導犬チャリティーバザーの開催、ひったくり防止キャンペーン等だけで満足せず、更に時代にあった新しい事業にも取り組んでいただくようお願いしております。

 3年前、地区の職業奉仕の委員長をしておりました手前、職業奉仕委員会には是非頑張っていただきたいと思います。出前授業の復活再開をお願いしております。

 会報委員会の皆様にも思い切った紙面づくりをお願いしております。会報のスタイルは25年間全く変わっておりません。過去のスタイルにこだわらず、思い切った魅力あふれる会報にしたいものです。

 WCS、青少年、環境保全の各委員会の皆様には、新しい事業の立上げをお願いしております。CLPは組織の継続性だけではなく、事業の継続性をも目途しています。 2年先、あるいは3年先の事業でも結構です。是非、夢のある構想を立上げていただきたいと思います。

 その他の委員会においても新たな活動、新たな奉仕に向けた行動をお願いしております。

 今年は、ロータリークラブとしてロータリアンとして最小限、あるべき、なすべきことについて再確認する年とし、魅力あるクラブづくりの第一歩にしたいと思います。最後になりましたが、今年度の新大阪ロータリークラブのテーマとして 大好きです新大阪ロータリー をかかげることにしました。

 会員の皆様の新大阪ロータリーに対する大いなる愛情に期待しております。

 皆様、今年度は、
   もっともっと新大阪ロータリー好きになりましょう。
   もっともっと新大阪ロータリーを大事にしましょう。
   もっともっと仲間を好きになりましょう。
   もっともっと例会に出席しましょう。
   もっともっと委員会活動に参加しましょう。

ページトップへ戻る