トップページ
ロータリークラブについて
会員語録
活動報告
週報・卓話
新規会員について
会員企業リンク
 
 
アクセス

新大阪ロータリークラブ

〒532-0011
大阪市淀川区西中島5-5-15
新大阪ワシントンホテルプラザ

TEL. 06-6305-1010
FAX. 06-6301-2525

詳細マップを見る

 
 
 

トップページ > 会員語録 > 2009年度 会長挨拶

会員語録
バックナンバー

会長 谷口 光夫
2009年度 会長  谷口 光夫

 今年度のロータリークラブの活動方針でありますが、最初にRIのほうから説明させていただきます。会長はジョン・ケニー氏であり、英国・スコットランドのグランジマウスRCの所属会員です。年齢は不明、職業は弁護士及び法律関係の学者、1970年に入会されて約40年のロータリアンであります。RIでは色々な役職についており、経歴は素晴らしいものです。

 今年のRIの標語は「ロータリーの未来はあなたの手の中に」(The Future Of Rotary Is In Your Hands)であります。ロータリーの活動は、「昨日より今日、今日より明日のほうが多くの努力を必要とします。またその未来は、エバンストンのRI本部で決められるのではなく、個々のクラブすなわち、あなた方の手の中にある」と言っているのです。また、彼は、前任の李会長の活動強調事項を引き継ぎ、「水・保健と飢餓、識字率向上」を挙げています。その中で特に「水」の問題について重要視しています。

 次に、当2660地区のガバナーの紹介をさせていただきます。ガバナーは大谷透氏、大阪西南RCの所属で、年齢は73歳、職業は医師であります。地区活動においても素晴らしい経歴の持ち主です。今年度の活動テーマは「ロータリーを身につけよう」であります。具体的にはロータリーの中核をなす価値観を身に付けようというのであります。つまり、「奉仕」「交友」「誠実さ」「高潔さ」「多様性」「寛容」「リーダーシップ」を身に付けようというのであります。

 直前の横山ガバナーの3K(対高コスト・高齢化・硬直化)に対して、ポジティブな意味での6Kを考えています。すなわち「交友」「高潔さ」「国際的な感覚」「九牛一毛」(司馬遷)「子供」「綱領」の六つです。

 最後に私の当クラブ会長としての方針を説明します。

1.楽しいクラブ運営を
 ロータリークラブには四つのテストがありますが、五つ目に「皆、楽しんでいますか」を加えたいと考えます。
 社会奉仕・国際奉仕・職業奉仕等の奉仕活動は最も重要でありますが、その中で会員相互の親睦が必要であり、それが奉仕活動をも効果的に実施させることになると思います。

2.25周年を楽しく祝おう
 今年度は創立25周年にあたります。すでに25周年実行委員会が選ばれております。10年単位の記念大会ほどではなくても、全員参加の楽しい事業を行いたい。具体的な内容は委員会が中心となって決められますが、国際奉仕事業や友好クラブとの交流など有意義なものにしたいと思っています。

3.奉仕活動は全員参加で
 社会奉仕委員会でのチャリティバザーや整肢学園の夏祭り、交際奉仕委員会のライフリバー活動援助、職業奉仕委員会の出前授業、等等、有意義な奉仕活動が従来より行われてきました。今年度もこれらを始めとした種々の奉仕活動を全員参加で楽しく行いたいと思います。

4.会員増強
 3年前の当クラブは増強に関して2660地区の最大の増加率を誇り、ガバナー賞も獲得しました。が、今、世の中は大不況の中にあり、増強は簡単なものではありません。しかし、メンバーの中にはいつも増強のことを考えて行動している方々もおられます。その方々だけではなく、全員が一人の会員を獲得する気になればもう少しは増えるのではないかと思います。

5.出席率の向上
 最近の出席率は以前のように100%を目指していたのと程遠いのが現状です。この原因にはいろいろ考えられますが、出席して楽しい、有意義である例会運営にあるのではないでしょうか。強制されずに、出席することが当たり前になるように計画したいと思います。

ページトップへ戻る